WordPressの構成ファイルを編集するのにファイルを手動で編集している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

運用上変更が必要なWordPressの構成ファイルはほぼ決まっています。

 

この構成ファイルを手動で編集する場合は、ファイル転送を許可する設定をレンタルサーバ側に行って、ファイル転送ソフトを使ってファイル転送を行い、ダウンロードしてローカルに保存した構成ファイルをテキスト編集ソフトで開いて修正して、またファイル転送ソフトを使って修正したファイルをアップデート転送して・・・なんて手間や時間のかかる作業を繰り返さないといけません。

 

そんな時には便利なプラグインを使用して手間と時間を節約しましょう。

 

今回は構成ファイルを編集するのに便利なブラグインを比較したいと思います。

 

そもそもWordPressのプラグインにはどのような機能があるのか知りたい方は以下を参照してください。

 

はじめに

 

まずはよく編集するWordPressの構成ファイルを整理して、その構成ファイルを編集可能なプラグインを比較していきたいと思います。

 

そしてその比較結果から、構成ファイル編集に最適なプラグインを選定します。

 

プラグインの比較

 

それではプラグインを比較してきましょう。

 

よく編集する構成ファイル

 

よく編集する構成ファイルとしては、以下が考えられます。

 

functions.php

functions.phpファイルはWordPressのデザイン部分を構成しているテーマの機能をカスタマイズするファイルで、独自の関数を定義したりすることが可能です。

デザイン部分を変更したい場合などに編集するファイルとなります。

 

JavaScript

JavaScriptもWEBサイトのデザイン部分の機能を追加するプログラミング言語を格納するとなります。

通常はWordPressのテーマを直接編集する形となるのですが、そのテーマがバージョンアップしてしまうと、編集した部分が上書きされてしまいもとに戻ってしまいます。

その対策として子テーマという親のテーマを引き継ぐテーマを設けて、その子テーマを編集することでバージョンアップに対応する方法もありますが、バージョンアップした親テーマと子テーマを再度親子関係に紐づける必要があったりするので別途作業が必要となってしまいます。

そこで、JavaScriptをWEBサイトに直接挿入してくれるプラグインを使用することで、子テーマも不要となりますし、別途手作業も不要となります。

 

CSSファイル

CSSもWEBサイトのデザイン部分の見え方をカスタマイズするプログラミング言語を格納するファイルとなります。

JavaScriptと同様で、通常はWordPressのテーマを直接編集する形となるのですが、テーマのバージョンアップ対策としてプラグインを導入すると手間が省けます。

 

robots.txt

robots.txt ファイルは、WEBページにアクセス制限を設定するファイルです。

Googleの巡回ロボットにWEBページの閲覧を許可したり拒否したりできます。

SEOの観点からよく編集するファイルとなります。

 

.htaccess

.htaccessファイルはWEBサーバを制御するための設定ファイルです。

主にユーザIDとパスワードで認証するBASIC認証であったり、指定URLを別のURLに転送するリダイレクトであったりを設定できます。

こちらもSEOの観点からよく編集するファイルとなります。

 

比較検討項目

 

プラグインの選定については、基本的に以下の観点で比較検討していきたいと思います。

 

WordPress.orgの公式ホームページ上に登録されているか

公式ホームページ上に登録されていることで、一応は審査されているプラグインとなるのである程度信頼できるプラグインかどうか判断できます。

 

評価の星の数が多いか

公式ホームページ上で利用しているユーザーの評価者の数と評価の星の数が表示されています。

なるべく多くの評価者が高い星の数を付けているプラグインを選びます。

 

ダウンロード数が多いか

公式ホームページ上で利用しているユーザのダウンロード数がわかります。

ダウンロード数が多いプラグインの方がユーザーに支持を得ていると推察できますので、なるべくダウンロード数が多いプラグインを選びます。

 

最新バージョンと互換性があるか

WordPress本体の最新バージョンに対応しているかを確認します。

WordPress本体のバージョンが上がっているにもかかわらずプラグインの対応がなされていない場合は、そのプラグインはあまり更新されておらず、バグ修正もあまりなされていない可能性があります。

ですので、WordPress本体のバージョンに対応しているプラグインを選びます。

 

日本語対応しているか

やっぱり設定ページの文言等は日本語で表記されている方が分かり易いです。

なるべく日本語対応されているプラグインを選びます。

 

比較結果

よく編集する構成ファイルをもとに、編集対応しているプラグインを洗い出し、各評価項目ごとに整理しました。

 

プラグイン比較表(その1)

プラグイン名Code
Snippets
My
Custom
Functions
Simple
Custom
CSS
functions.php×
JavaScript×××
CSS××
robots.txt×××
.htaccess×××
公式HP登録
評価数14735136
評価の星の数54.55
ダウンロード数90,000+30,000+300,000+
最新バージョン
との互換性
日本語対応×××
総評

 

プラグイン比較表(その2)

プラグイン名Simple
Custom
CSS and JS
All in One
SEO Pack
Yoast SEO
functions.php×××
JavaScript××
CSS××
robots.txt×
.htaccess×
公式HP登録
評価数5240921,677
評価の星の数4.54.55
ダウンロード数100,000+10,00,000+10,00,000+
最新バージョン
との互換性
日本語対応×
総評

 

まとめ

 

それぞれの構成ファイルの編集に対してどれか一つの有効なプラグインを選べばいいと思います。

 

構成ファイル編集用としては「Code Snippets」と「Simple Custom CSS and JS」と「Yoast SEO」の3つのプラグインをおすすめします。

 

各プラグインをインストールして有効化すれば、それぞれの構成ファイルの編集が簡単にできるようになりますので、ぜひ導入してみてください。

 

最後に、全体的なWordPressのおすすめするプラグインについて知りたい方は以下でまとめて紹介していますので参考にしてください。

 

今回おすすめしたプラグインについて

 

今回おすすめしたプラグインの公式ホームページへのURLを載せておきますので、よろしかったらどうぞ。